ページの先頭です

ここから本文です

ごあいさつ

里庄町婦人会集合写真

 里庄町婦人会は、少子高齢化社会の中で、婦人としての能力を活かした活動、奉仕活動への参加、様々な研修の企画・運営・参加などをしており、自らの意識と能力を高め、また深めながら、町づくりに積極的に参加しています。さらには、「男女が共に輝くおかやまづくり」推進に協働して、男女共同参画社会実現に向けての活動もしています。
 一人ひとりは微力ですが、会員1,036人の体力・能力・経験力を結集して、地域に密着した活動の中で活かしていこうとしています。婦人会活動へのご理解とご協力をよろしくお願いします。

山田恵津子さんの写真

会長あいさつ

 日頃より、里庄町婦人会にご理解、ご協力ありがとうございます。
 平成28年度の総会も、会員の皆様のご承認で滞りなく終わり、今年度の婦人会活動がスタートしました。
 「災害は、忘れたころにやって来る」と言われていますが、近年では、忘れないうちにやって来ます。町内でも、防災についての取り組みも、徐々に進んでまいりました。でも、一番大切なことは、人と人のつながりではないでしょうか。つながりがあるからこそ、辛い事でも、協力し合って乗り越えられると思います。婦人会は、そのお手伝いができる唯一の会です。婦人会は全国組織です。国内どこに行っても、婦人会会員さんがいます。他所に出かけて行っても、婦人会のことが話題に出て、話に花が咲くこともあるかもしれません。婦人会をコミュニケーションのツールとして、どんどん使っていただき、人と人のつながりを広げてもらいたいです。
 また、地方創生と言われ、女性の活躍する場も増えてまいりました。里庄町婦人会は、交通安全母の会、日赤奉仕団もかねています。いろんな活動をしていますが、派手さがないので、取り上げられることが少ないです。しかし、「なくてはならない婦人会」として、会員相互、そして、他団体とも、支え、支えられながら、楽しく活動してまいりましょう。
 女性は、笑顔が一番。笑顔で、頑張りましょう。

里庄町婦人会 会長
山田 恵津子

▲ページの先頭へ戻る